フリーソフトでFX自動売買

フリーソフトでFX自動売買

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

このサイトについて

このサイトでは、HiMacroEXというフリーソフトを用いて
FXの自動売買を行う方法を紹介します。

ここで紹介する自動売買の仕組み
FXの自動売買といえば、MT4による
自動売買がありますが、この方法では
MT4を使わず、HiMacroEXという
フリーソフトを使います。
HiMacroEXは、マウスやキーボードの操作を
PCで自動的に行うためのソフトです。
これを用いて通常のFX取引で行っている
注文作業をPCで自動的に行うことで
自動売買が実現できます。

この方法では、
お金をかけずに自動売買が行える
自動売買に対応していない口座でも自動売買ができる
専門的な知識がほとんどいらない
などのメリットがありますが、
それぞれの取引環境(PCの仕様・使用する口座)に合わせて
設定を行わなければならない
ため、少し面倒になります。しかし一度設定してしまえば
あとはほったらかしでPCが売買を行ってくれるので
やってみる価値はあると思います。

売買手法
自動売買で用いる手法には、
ロンドンコーリング手法を用います。
手法の詳細については
3万円からのFX投資生活
で紹介されています。

簡単に手法を紹介すると、
【ロンドンコーリング手法 基本ルール】
ロンドン時間スタートからNY時間まで(日本時間15:00~21:00)を
『ロンドンコーリング(LDNC)エリア』とし
そのエリアの高値・安値でイフダンOCO(IFO)逆指値注文を入れる。
注文方法:高値でロング・安値でショート
【設定PIPS】利確:+15PIPS  損切り:-15PIPS
(3万円からのFX投資生活より引用)

※この手法は今までに何回か修正が行われており、売買ルールは
これからも変わる可能性があります。また、夏時間では
15:00~21:00ではなく15:00~20:00でやっているみたいです。


下のリンクは実際に自動売買をしている動画
(ログイン画面の変更前)です。
HiMacroEXを使ったFX自動売買
埋め込みで表示させたいのですが、サイトの編集ソフトが
不安定になるのでリンクだけ載せています。

注文時に高値や安値を更新している場合は
成行注文もできるようにマクロを組んであります。
(高値・安値を更新中のときは取引を見送るべきだという意見もあります)
今回の動画では注文作業だけを自動化していますが、
普段はタスクスケジューラを用いて自動的にマクロを
起動させたり、雇用統計など、指定日には取引を行わない
などの設定をして自動売買を行っています。さらに、自動注文が
正常に行われたことを確認するために携帯にメールを送信
する作業も自動化しています。

一度に全部解説すると大変なので、簡単なマクロを作り、
徐々に高度な機能を付け加えていく要領で解説していきます。

早速ですが、次のページでHiMacroEXの簡単な説明を行います。
Square_gry_Right.pngHiMacroEXって何?















air_rank.gif